息子の唐突な申し立てが、大して系統を射て要る点。

昨晩4年代の長女と一緒にお風呂に入っていたのですが、何を思ったのか急に抱腹絶倒ことを話しました。
「ばあばは嬉しいお顔付きなんだけど、じいじの顔付きはこわい。手厚いけど、顔付きがこわい」
「じいちゃんのお顔付きはいいけど、ばあちゃんは顔付きこわい」
ちなみに、亭主の両親がじいじ・ばあば、私の両親はじいちゃん・ばあちゃんで呼び分けてます。
それまでは「今日楽しかった出来事」について話していたのに… なんで急に祖父母のお喋りに飛んだのかは謎です。
しかも、顔付きが恐ろしいって… たまたま体験だし、絶対に自身に知らせてはいけないような気がする。
お銭湯上がりに亭主に話したら大笑いしてました。「確かにじいじの顔付きはなぁ」って。で、ばあばにメイルしたらしいです。
じいちゃんばあちゃんに報ずるつもりはない…

怖い恐いと言ってはいますが、長女はじいじもばあちゃんも大好きです。甘やかしてくれるし、美味しいもの食べさせてくれるから(笑)
それにしても、児童のしゃべることって、ちょこちょこ腹筋よじれるくらい面白いだ。妊活サプリ